アクセスカウンタ

<<  2011年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


環境×ビジネスコンテストの魅力&二次募集のお知らせ!

2011/07/25 10:53

みなさん こんにちは
em factiory1年の増田です。

私の通っている武蔵野大学は7月4日から夏休みですが、皆さんは今が追い込み時ですね・・・

さて、そんな夏休みが一ヶ月長い私が皆さんにお伝えするのは・・・・・・

ずばり『環境ビジネスコンテストの魅力・メリット』です。
参加者の皆さんも個々に目的意識があって参加することと思いますが、ここでは運営側が思う今回のビジコンの意義について語っていこうと思います。

普通、学生が行うビジコンって「起業志望集まれ!」とか「学生間で関心がある問題をビジコンで解決!」といったものがほとんどです。
確かに、こちらも魅力的ですし、企業か志望などの人は行くのも多いに良いでしょう

しかし、普通のビジコンになくて、em factoryのビジコンにあるもの・・・

それは

『実際に企業から課題を提示される』・『各コンサルト相談しながら出来る』・『本気でプラン採用を目指す』ことです

私たちは、実在企業が抱えている課題や考えている事業に触れることが出来ますし、プロのコンサルと相談しながらプランが作成できます

また、本気でプランの採用を目指し、参加者の皆さんにチャンスと経験をしっかり得てもらえるよう、事前セミナー(チームビルディングの方法・コミュニケーション能力の向上・企業研究の方法)や期間中のプレゼンセミナー(各チームのプレゼンテーションをプロの目線でチェック・フィードバック・アドバイス)など、様々な面でサポートしていきます。
画像

実際、ここまでしっかりサポートしながらのビジネスコンテストはなかなかありませんよ!

せっかく、夏休みを返上して参加してくださるのですから、皆さんの期待に応えられるよう、運営側も全力でサポートしますよ!!

この実務的かつ貴重なビジコンで皆さんの持っている力、そして溜まっているエネルギーを出し切って、大学(院)時代の素晴らしい思い出を作り、将来に活かしましょう!
どうぞよろしくお願いします。



なお現在二次エントリーを行っております。
まだエントリーしていない方、是非エントリーして、貴重な機会を共有しましょう。

http://em-factory.comからエントリー可能です。
お待ちしております。



以上、増田でした。
----------------------------------------------------------------------------------------
早稲田大学 学生環境NPO 環境ロドリゲス
em factory 
増田 和穂 (Masuda, kazuho)
武蔵野大学 環境学部 環境学科 1年
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


参加者の声3 深野莉帆

2011/07/24 23:52
みなさんこんにちは♪

私、昨年度の参加者で、現在東京工業大学3年の深野莉帆と申します。

参加者の声3回目ですね。
正直、先のお二人からのプレッシャーが半端ないです(笑)
ちゃんと伝えられるかな。
つたない文章ですが、よろしくお願い致します。



私の大学はサークル、バイト、学校、遊び、これを生活の大部分としている人がほとんどで、私もそれが当たり前なのだと思っていました。
でも、だんだん私は物足りなさを感じてきて、とにかくすごく大学生活がつまんなくなったんです。


そんな私の大学生活を変えるきっかけになったのが、この環境ビジネスコンテストでした。


始めは、“ビジネスコンテスト”や“学生団体”というワードすら知らなかった私。

“理系だし、ビジネスとか勉強したことないし、ついていけなかったらどうしよう…”
そう思いながらも、受かりたいの一心で必死にESを書いたのを覚えています。


でもいざ本番となり、日にちを追うにつれて、私の中で変化が現れました。

“こんなに楽しい事ってあるんだ”
半分感動に近い感情で、きっと自分のこれからの生活が変わるという確信を持ち、すごくワクワクしました。



何でこんな話をしたかっていうと

迷っている方の背中を押したいからです。
ちょっとでも興味を持った方には絶対に参加してほしいからです。

この感動を、みんなにあじわってほしいからです。


私はこれに参加した後、ビジネスコンテストだけではなくいろいろなものに参加するようになりました。
その度にいろいろな出会いがあり、発見があり、そのすべてが私を成長させてくれます。
それだけじゃない、毎日がすごく楽しくなったんです!



それも全部、きっかけとなったこのビジコンのおかげです。


こんなに素敵なもの、出来るだけたくさんの人に体験してほしい!

ぜひみなさんとお会いできることを楽しみにしています。



あんまりビジコン自体の説明にはなっていませんが、一参加者の感想でした☆
ありがとうございました。


東京工業大学 工学部 社会工学科3年
深野莉帆(ふかのりほ)
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


昨年のコンテストの様子 1日目

2011/07/24 15:57
こんにちは

さて今回のブログでは、昨年のコンテストの様子を写真で紹介していきたいと
思います。
これをみて今年の様子を想像してみてくださいね

まず1日目
contents
 開会式
 基調講演
 アイスブレーキング
 チームビルディング
 環境ビジネスセミナー
 企業説明会
 決起会


コンテストの最初のさいしょ 受付です

画像



開会式 em factory
去年の代表武田が挨拶をしています。気合いを入れていきましょう

画像


基調講演 
講演者は環境大臣賞受賞経験を持つEV安全協会代表の山下浩二様です。
日本の技術が今後の環境ビジネスの発展にどのように貢献していくか、お話くださいました。

画像




その後、はじめて会った仲間たちと打ち解けるためにアイスブレーキングをします
これから5泊6日をともにする仲間たちと仲良くなってこれからの課題に向かいます

画像


画像



次は環境ビジネスセミナーです
CSR・環境コンサルティングを行う株式会社イースクエア様に多種多様な環境ビジネスへのアプローチの仕方、などを教えていただきました。
またその後の各チームごとの、自分たちが環境ビジネスを行う上でどのような課題を、どんなビジネスで、どんなリターンを得たいのか、という問いに対する発表では、さっそくチームごとのカラーが表れていました

画像


画像



企業説明会 for all & for team
実際の共催企業様から事業や環境への取り組みをうかがったうえで、
各チームごとに企業の方と最初の直接的な交流タイムを取りました。
各チームで企業様にそれぞれ疑問質問をぶつけ、ビジネスプラン像を確認していきます

画像



とりあえずこれで1日目の紹介は終わりです。
コンテストの実感を持っていただけたでしょうか

コンテストの様子はこれからも更新していきます


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全国学生環境ビジネスコンテストem factory2011
 一次エントリー 7月24日(日)締め切り
 二次エントリー 8月7日(日)締め切り
参加者募集中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


共催企業紹介D 加藤商事株式会社 様

2011/07/24 12:20
こんにちは

さて今回の共催企業紹介は

加藤商事株式会社 様 です

加藤商事は「未来の地球に持続可能な環境を創る」ために
当コンテストのテーマでもあります環境ビジネスを実践されている会社です

環境ビジネスは、さまざまな環境保護活動に経済的側面からインセンティブを与え
ビジネスとしてお金の回る仕組みをつくり、持続的にその取り組みを進めていこう
というもので、いま市場が縮小してく日本で数少ない市場が拡大している分野なんです

加藤商事の主な事業内容を紹介しますと、

 ・CO2削減コンサルティング
 ・廃棄物リサイクルコンサルティング
 ・一般廃棄物収集・運搬処理
 ・公共事業
 ・ビルメンテナンス
 ・店舗清掃

などです。

CO2削減コンサルティングというのは、
 CO2を削減したいと考えているがその方法が分からないといった企業に対して、
 エネルギー管理士によるCO2排出調査と具体的な削減方法のご提案をおこなって
 CO2削減にむけたパートナーに加藤商事がなる、というものです。
また
廃棄物リサイクルコンサルティング
 衛生面を考慮しながらパッケージ量の削減、多重梱包の改善や、ゴミの分別など
 各側面からゴミの排出方法の改善案をご提案する、というものです。 


では、なぜ加藤商事はこうした環境ビジネスをやっているのでしょうか
ホームページの加藤宣行社長の挨拶にはドラッガーの言葉を引用してこう書いてあります。

ピーター・ドラッガー
組織はすべて、人と社会をより良いものにするために存在する。すなわちミッションがある。目的があり、存在理由がある。

加藤商事の存在理由は、「未来の地球に持続可能な環境をつくる」ことに他なりません。他方で人の役にたつビジネスをする

これが加藤社長のビジネスへの考え方なんです。
そしてそのための上記に書きました加藤商事の事業なんですね。

em factoryも「自然環境をビジネスという切り口から改善する」ことをミッションとし、環境と経済を融合させたサスティナブルなビジネスプランの立案とそれを実現しうる人材の輩出を目指しています

当コンテストで加藤商事様と共催しましてこのようなお互いの目標を
達成できればいいのではないかと思います。

そして参加者の方にはそれを実践していただきたい、です

加藤商事についてもっと知りたい方はHPを見てください
http://katosyoji.net/



ということで、共催企業「加藤商事株式会社」様の紹介でした


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


共催企業紹介C 株式会社日清製粉グループ本社 様

2011/07/24 02:08
こんにちは

今回の共催企業紹介は株式会社日清製粉グループ本社様です

日清製粉グループは、持株会社である日清製粉グループ本社と
「製粉」「食品」「その他」の各事業によって構成されています。

具体的には、

 ・製粉事業       日清製粉株式会社
 ・加工食品事業    日清フーズ株式会社 マ・マーマカロニ株式会社
 ・健康食品事業    日清ファルマ株式会社
 ・ペットフード事業   日清ペットフード株式会社
 ・酵母・バイオ事業  オリエンタル酵母工業株式会社
 

などなどで、まだまだ多くのグループ会社があります。 

こうした日清製粉グループならではの、多くの事業の中からビジネスコンテスト参加者は
ビジネスプランを考えていくことになると思います。
いろんな選択肢があって面白そうですよね

またここで日清製粉グループ様の環境保全活動も紹介しておこうと思います。

日清製粉グループは「日清製粉グループ環境基本方針」を定められています。
そこでは、理念として、

地球環境保全を最重要の経営課題とし地球的規模での環境保全を図りながら自由で活力ある企業活動を目指す
という内容が書いてあります。

具体的には、
 ・二酸化炭素排出量の削減    
    生産効率の改善やボイラー燃料の転換などの施策により1990年度比で8.8%削減を2009年に達成
 ・排出権取引制度の運用    
    社内排出権取引制度を2008年4月から運用
    CDM(クリーン開発メカニズム)プロジェクトから獲得される京都クレジットの購入
 ・廃棄物削減    
    飼料化・堆肥化、サーマルリサイクル化など積極的な取り組み
 ・食品循環資源の再生利用  
    食品廃棄物をえさやたい肥としてリサイクル
 ・容器包装の3R推進
などです。

こうして見てみても、かなり積極的に、そして大規模に、環境保全活動をされていることが分かりますね
これらの情報は日清製粉グループHPからCSRを見れば載ってますよ
http://www.nisshin.com/


そしてじつは、日清製粉グループ様には去年も当コンテストにご共催いただいているんです
ちょっとそれも紹介させてください

去年の日清製粉グループからのビジネスプランの課題は

「日清製粉ぐるーぷならではのストーリー性をもつビジネスプランを、既存の商品やシステムを用いて作成しなさい」
でした。
そして、考え出されたビジネスプランは

【事業名】 みんなで料理を作るワン
【事業概要】 既製品のドッグフードでは愛犬との“楽しみ”を感じることができな いお客様に対して、安心・エコを実          感できる自分で作るドッグフードの販売をする。この商品を通じて人と人との“つながり”をつくりだす。

というもので、見事準優勝に輝いています
ペットブームの中で、エコ料理と愛犬のドッグフードをつなげたアイデアは高く評価されました

おそらく上だけではビジネスプランが伝わりきらないのが申し訳ないのですが、
em factory のホームページに去年の報告書があります。
そこを見てもらえばもっとよくわかりますし、去年の他の企業様へ提供したビジネスプランもみれるようになってます。
http://www.em-factory.com/service.html
です。是非見てください。

今年もコンテスト参加者の方はきっとすごいビジネスプランを考え出してくれると思います

そして当コンテストの参加者募集はまだ続いています
ビジネスプランを考えてみたいと思った方は是非エントリーしてください


ということで、今回は【日清製粉グループ本社】様の紹介でした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


二次エントリー開始のお知らせ

2011/07/23 17:38
全国学生環境ビジネスコンテストem factory2011の

二次エントリー開始

が決定しました

一次エントリー締め切り 7月24日(日)
二次エントリー締め切り 8月7日(日)


となっています。

応募方法は一次エントリーと変わりません。
ホームページから「コンテストエントリー」を見てください。
http://www.em-factory.com

一次エントリーが難しい方も、二次エントリーをしてみてはどうでしょうか!

以上、二次エントリーについてのお知らせでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


共催企業紹介B 株式会社ヴァル研究所 様

2011/07/23 17:26
こんにちは

今回は、全国学生環境ビジネスコンテスト2011で共催してくださる

株式会社ヴァル研究所 様を紹介いたします。


ヴァル研究所はソフトウェア開発会社です。
皆さんに一番なじみのあるヴァル研究所の製品といえば、

駅すぱあと

ではないでしょうか

「駅すぱあと」は日本全国の鉄道、空路、および主要なバス情報を収録し、目的地までの経路を正確かつスピーディに探索できるソフトです。

「Yahoo!路線情報」や「Google トランジット」などのwebでも経路探索サービスを提供されていらっしゃいます。
皆さん毎日使っているような方も多いのではないでしょうか

また

この「駅すぱあと」ですが、実は地球温暖化防止のナビゲート機能が付いているんです
それが「CO2総排出量計算機能」です。

探索された経路の「CO2総排出量」と、同距離を自家用自動車を利用した場合の「CO2総排出量」が表示でき、環境に配慮した経路を選択することができるんです。

かなりすごい機能ですよね

そしてヴァル研究所は他にも環境問題に対する取り組みをされて、
たとえば「チャレンジ25キャンペーン」に参加されて、移動場面での「エコ」に着目する「smart move」に賛同されています。
この「smart move」は、二酸化炭素排出の生活分野の3割を占める「移動」を「エコ」にする取り組みです。
詳しくは、
http://www.challenge25.go.jp/smartmove/
を見てみてください。

こんな「ヴァル研究所」に対して、当コンテストでは実際にヴァル研究所の方から、話を聞きながら、またコンサルタントの話を聞きながら、ビジネスプランが提案できるんです。
きっと何か新しいアイディアから次のスタンダードになるようなソフトが生まれるんじゃないでしょうか

ヴァル研究所の詳しい情報はホームページも見てみてください。
http://www.val.co.jp/

以上、協賛企業「ヴァル研究所」の紹介でした。

まだまだ協賛企業紹介はつづきますよ

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コンテストについて

2011/07/21 11:12
こんにちは、総務局の下川です。



ここ最近、「環境」に対する注目度が高くなっています
そんな中、自分も環境問題について
何か行動を起こしたいと考えている人も多いはずです。
清掃活動、ゴミ拾い、緑化募金活動など、
色々なボランティアに参加している人も多いと思います。


少し毛色を変えた環境へのアプローチの場として、
「環境ビジネスコンテスト」はいかがでしょうか。
ボランティア活動とは違った角度から環境問題に取り組めます
企業様から頂いた課題に対してプランを練るので、
かなり現実味のある環境へのアプローチとなっています。


この環境ビジネスコンテストに参加する利点として、

現実味のある環境ビジネスプランを考えることができる
コンサルタントの方のアドバイスを頂ける
全国の学生と交流、意見交換ができる
自分の意見を発信する練習ができる
などなど、色々あります


この夏、五泊六日で真剣に環境ビジネスについて考えてみませんか
全国の学生と意見交換し合ってみませんか
楽ではないですが、かなり楽しめると思います。

まだまだ、エントリー募集中です。
是非、ご参加を




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


共催企業紹介A 清水建設株式会社様

2011/07/20 22:25
こんにちは!

今回は昨日に引き続き、共催企業様について紹介していきたいと思います


今回のご紹介します共催企業は清水建設株式会社様です。


清水建設株式会社といえば大手総合建設会社として有名な会社ですが、
ひとことで総合建設と言いましても大変その事業内容は幅が広いです。


たとえば、
過去の建築物では、個人的に私がファンである横浜ベースターズの本拠地横浜スタジアムや
池袋のサンシャイン60も清水建設の施工物件ですし、

現在にこきましては
汚染土壌・地下水の浄化、最終処分場・中間処理施設の建設、太陽光発電・風力発電等の新エネルギー対応、生態系保全に繋がる屋上ビオトープや壁面緑化、京都メカニズムを活用した排出権取引など

建設という分野だけでなく、環境ビジネスの分野におきましてもさまざまな事業を推進されていらっしゃいます。


当コンテストのテーマが環境ビジネスでありますから、まさに清水建設のこのような取り組みは
私たちの目指す環境ビジネスの形を示しているのかもしれません


また環境ビジネス以外にも、
清水建設は経営方針の1つとして「地球社会への貢献」を掲げられており、
温暖化防止・省資源・生態系の保全などの環境保全活動やCSRの一貫として環境に関する社会貢献活動も積極的にされています。


詳しいことは清水建設ホームページより、CSR活動をご覧いただければさらによくわかると思います。
http://www.shimz.co.jp/


最後に当コンテストに話をつなげますと、
このような総合建設としてのさまざまな技術や総合力をお持ちで、かつ環境ビジネスを実践されていらっしゃる
清水建設のビジネスプランを考えることは、とても実践的で面白いと私は思います

清水建設ならば出来るんじゃないだろうか、というようなビジネスプランが浮かぶ人もたくさんいらっしゃると思います

ぜひ当コンテストを利用してみてはいかがでしょうか


まだまだ共催企業様の紹介は続きます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


共催企業紹介@ 株式会社明治 様

2011/07/20 00:34
こんにちは
副代表 穂坂です


コンテストもいよいよあと1ヶ月半ではじまります!

今日から少しずつ共催企業様について紹介していきたいと思います



このビジネスコンテストの特徴である、

『実際の企業に関する実現可能なプランニング』

を行うため、8チームそれぞれに1社ずつ企業が決まっています。

コンテストには全部で8社の共催企業様がいらっしゃいますが、
今回はその中の一つ、【株式会社 明治】 様を紹介します


株式会社明治、といえば、みなさんご存知のように、
菓子・乳業界のリーディングカンパニーです。


でも明治でやっていることはお菓子、乳製品の開発・販売だけではありません

環境活動もかなり大規模に取り組まれています!


環境管理水準の向上や、CO2排出抑制・ゼロエミッション・省エネルギーなど
環境負荷低減に、専門委員会を中心に全社レベルで積極的に取り組みをすすめています。
また、各地域においても事業所独自の環境保全活動を実施しています。

乳製品に関しての製造、運搬での環境配慮はもちろん、容器の環境負荷低減、
リサイクル促進にも取り組んでいます。


さらに 根室自然環境保全区 を設立し、日本野鳥の会とも連携し、
生物多様を守り維持していくために必要な活動を行っています。

また子供向けのワークキャンプや東京ビックサイトのイベントでのパネル展示等、
これらの活動の重要性を広く発信しています。


詳しいことはHPに掲載されていますので是非ご覧ください
http://kankyo.meinyu.jp/



コンテストに参加したときは、株式会社明治の方とも直接お話しする機会が沢山あるので
もっと詳しいおはなしが聞けるかもしれません





ということで、まず1社め、株式会社明治様の環境活動の紹介でした!

今後、順番に今年の共催企業様の活動を紹介していきます

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あらためて! 全国学生環境ビジネスコンテストem factory2011について

2011/07/19 22:33
エントリー期間が短くなってきましたが、
今エントリーを考えていただいている方に対して
今このタイミングでもう一度、em factoryの環境ビジネスコンテストの
仕組みや特徴などについてあらためて整理してお伝えしたい
、と思います。



コンテスト概要
  ・日時 8月30日から9月4日 
  ・場所 国立オリンピック記念青少年総合センター
  ・人数 48人
  ・参加費 18,000円


なぜ環境とビジネスなのか
普通のビジネスコンテストは、起業やビジネスそのものに注目したものが多いですが、
当コンテストは名前からもわかる通り、環境とビジネスの2つに注目しています。

なぜ環境とビジネスなのでしょうか!
それはem factoryのコンテストには、大きな社会問題となっている環境問題をビジネスという面からとらえなおし、持続可能な環境ビジネスを提案することで環境問題を抜本的に解決を目指し
社会に貢献しよう
、という大きな志があるからです。

現在行われている環境ボランティアや企業のCSRに基づく環境活動は、現在の厳しい経済状況の
なかでこれから持続的に、かつ大きな活動として発展していくのは難しい状況にあります。

そこでビジネスの力をうまく使うことで、お金が回るビジネスとして環境と経済性を融合させた
サスティナブルなビジネスプランが必要となってくるのです!!

ボランティアを超えた環境ビジネス。これは現在市場が小さくなりつつある日本の中でも
市場が拡大し、将来が期待されている分野でもあります。

また、今回の東日本大震災を契機に環境のことが再び大きな注目を浴びている今、
環境ビジネスはもっとも熱い分野ということができると思います。


どのようにビジネスプランを立てるのか
当コンテストは大きな特徴の1つとして、プランニングの現実性が高いということが
上げられます。
当コンテストにご参加いただく皆さんには、実際の企業に対して、その企業の強みや特色を
生かしたプランを、その企業の担当者の方や実際にご活躍されているプロのコンサルタントの方
相談しアドバイスをいただきながら作ってもらいます。


参加者の皆さんが得られるもの
当ブログにおきまして、過去参加者の方の声を載せてきました。
そこでやはり強調していただいているのは、
  ・ビジネスについて深くそして真剣に考える1つの大きなきっかけとなる  
合宿制で何日も夜を徹して語り合ったメンバーは大事な仲間になる 
 ・苦しんでビジネスプランを作り上げる経験は必ず大きな成長を生むということです。

これは当コンテストが参加者の方の大きなチャンスになりえるということです。

われわれコンテスト運営者側も全力で皆さんをサポートしていきます。

とりあえず、今回の「環境ビジネスコンテスト」についてのブログはここまでにします。
ご質問のある方は是非、
emfactory2011@gmail.com
までご遠慮なくメールを送ってください。すぐにお返しいたします。

またこれからは、今回当コンテストの特徴として書かせていただきました
プランニングで御共催いただく実際の企業様について書いていきたいと思います。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


emのビジコンの魅力!!

2011/07/16 17:20
こんにちは

emfactory 渉外局 吉岡です(*^o^*)!!

今回は私の考える「全国学生環境ビジネスコンテスト」の魅力についてお話ししたいと思います☆


まず1つ目ですが、「環境ビジネス」に特化したビジネスコンテストだという点です。
ビジネスコンテストに関心のある学生の皆様はご存知かと思いますが、
学生ビジコンって結構多くあります。。
しかし、その中で環境ビジネスに主眼をおいた点がemのビジコンの魅力だと思います!

というのも、環境ビジネスは今最も成長しているビジネス分野の一つだし、これから先も成長が見込める分野だから!

また、多くの企業(特に大企業)ではCSRとしてはもとより、生産・流通・販売過程において環境配慮は重要視されていることからもこれからは経済成長と環境保全を両立していくことが企業に求められていることなのです

だから、学生時代に環境ビジネスについて学び、ビジネスプラスを考えることは、これから先社会に出るにあたっても無駄にはならない大事なことなのではないかと思います。

2つ目は、全国に意識の高い仲間ができるということです(*^o^*)!
昨年度も全国から学生さんが参加してくれたようですし
今年もemのメンバーで全国の大学に広報を頑張ったので
色々な地方から学生さんが参加してくれるはず!!!

そういえば、この前 偶然にも我が成城大学で
emのビジコンに参加したことがあるという人に遭遇しました(^з^)-☆

そのときに色々とお話しを伺いましたが、

とにかくたのしかった!!!
あの時できた仲間とは今も連絡をとってる

ってのを話してくれました☆


皆さんもずっと付き合える仲間をemfactoryのビジコンで作りませんか?

エントリーは7月24日まで
エントリー締め切りまで約一週間です!!

まだ参加を迷っている方はぜひ参加を!!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


参加者の声2 小嶌不二夫

2011/07/16 08:23
このブログをご覧の皆さんこんにちは。

昨年度の環境ビジネスコンテスト出場者で、現在京都大学修士1年(3年連続w)の小嶌(こじま)と申します。
現在PIRKA(ピリカ)というサービスの実現に邁進しています。


参加者の声を、という要望だったので今日ははっきりと思っていることを書きます。


このイベント、はんぱじゃなくキツイです(笑)


多くの学生ビジコンにありがちなことではありますが、後半3日はほとんど寝てません。

1週間も顔を付き合わせて本気でプランを追求していたらチームのメンバーとも衝突します。

そして何より、6チーム中5チームは負けます。絶対の自信を持って出したプランが真っ向否定されます。



僕は自分で起業しようとしたり、新興国で営業で一位とったりした経験があったので、

「ビジコン?今更?」

みたいな思いがあったのですが、きついのなんの(笑)



それでも、僕がこの環境ビジネスコンテストをおすすめするのは、僕が実際にこのビジコンで得たもののおかげで今の僕があるからです。

本番、物凄くたくさんのことを経験させてもらったし、優秀なメンバーに恵まれたこともあって刺激的な時間でした。


でもそれ以上にここに参加して良かったなと思えたのはコンテストが終わって、自分が今やっているサービスを始めようと実際に動き出してからでした。



僕はビジコン後、世界一周の旅に出て、その中で得たアイデアと帰国後のひらめきの組み合わせで今のPIRKAの原点となるアイデアを思いつきました。


そして、その「ただのアイデア」をブラッシュアップして実行する時に助けになったのがビジコンメンバーの存在でした。年始、就活が始まりだしたころに招集をかけるとチーム全員が集まるどころかスタッフまで登場。

その場でアイデアをブラッシュアップして翌日にはビジコンでお世話になったコンサルの方を訪れ話を聞いていただきました。

東京に来る度に、担当チームの社会人の方に電話してご飯をおごってもらいました(笑)


「インターネットで世界中のゴミを拾い尽くし、世界をきれいにする」


そんなアイデアがどんどん具体的な形になり、動いていく中でも、僕の苦手な調査分析をメンバーの一人が全て請け負ってくれたりしました。



このブログを読んで下さっている方には、起業家志望の人間や、とにかく大きいことがやりたい、世界を変える何かを生み出してみたい!という人間が少なからずいるかと思います。

皆さんほど立派な人間ではないかもしれませんが、僕もその一人で今も毎日模索しています。


そういう人こそ、ぜひ一度こういう場に参加してみてはいかがでしょうか?
飛び込んでみると「思ってたんとちがう」ということは本当によくあることです。


参加して、おもいっきり叩き潰されるかもしれないし、優勝してしまうかもしれない。
何があるかは分からないです。


でも、ぜひとも見えない世界に飛び込んでみてはどうかなと思います。

僕も起業家のはしくれとして、新しい世界に挑戦する皆さんを尊敬するし応援しています。
いつの日かお会いできたら、何を目指しているのか、どんなことにチャレンジしているのか、ぜひ聞かせて勉強させて下さい。

環境ビジネスコンテストつながりで、いつの日かお会いできることを楽しみにしています!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


参加者の声1 村山ひとみ

2011/07/15 17:21
みなさんこんにちは!

突然ダレだよ!!?という声が聞こえてきそうですが、

私、駒澤大学4年の村山ひとみと申します。

2010年度のビジネスコンテストに参加しました。

今回は「参加者の声」として一筆、書かせていただきます。


このビジネスコンテスト、聞いた事ある!

けど実際どんな感じなのか?

という方。私が感想を率直にお伝えしましょう。

なんと、「楽しかった」この一言に尽きるのです!

しかしこれだけじゃあまりにぶっきらぼうなのでちゃんとお伝えしましょう。

あなたがこのビジネスコンテストに参加するメリットは3つあります。

1、ビジネスってなんなのか、実感できる。

企業からのお題に基づいてメンバーで膝を突き合わせて昼夜プランを練るわけですが、

プランを練るのはゼロからだととても難しい。

ということで企業の方にもどんなイメージなのか、どんなサービスなら受け入れてもらえるか、

たくさんの質問をすることになります。その中でその会社のことが隅々までわかるようになります。

これはいわゆる「シューカツ」では決して出来ない大きな利点です。

2、 一生つながる友達が出来る。

これはうそでもなんでもなく、このコンテストに参加した学生とは一生付き合いたい関係の友達に

なりました。参加初日こそ会話がぎこちなかったものの、最終日にプランの発表がありますしそのために

議論を何度も重ね、5泊6日の(苦しい)合宿を乗り越えた間柄には独特の絆が生まれます。

私は2010年のコンテストに参加しましたが、歴代の参加者や運営側とも、もっともっと

仲を深めて生きたいと切に思っています。

目指す社会は皆、サステナブルな社会なのだから。

3、お金を生み出すことについて真剣に考え始める。

あなたはこのコンテストが終わった後、お金を稼ぐことについて真剣に考えることになるでしょう。

普段は一消費者としてお財布を持ち歩き、ジュースを買ったりアイスを買ったりしているわけですが、

その商品の送り手は死ぬほどの苦労をして世の中に商品やサービスを提供しています。

大学で学ぶ、ある種退屈な講義よりも、実践の場に出て空気感を掴むことができます。

いずれ社会に出るなら、この体験をするのは早ければ早いほど良い。


以上、3つのメリットでした。


これは胸を張って言えるのですが、

私はこのビジネスコンテストで人生が変わりました。

人生において自分の夢が、ハッキリ見えるようになりました。

みなさん、エントリーの締め切りは今月24日です。


【圧倒的な成長はここで体感しよう】



駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部4年

村山ひとみ


記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


渉外局の活動、環境ビジネスについて

2011/07/14 21:26
こんにちは!

emfactory渉外局の朝賀です。

渉外局の仕事は、ビジネスコンテスト開催にあたり、
参加者のみなさんに考えてもらう課題を
提供していただき、ビジネスコンテストを一緒に
つくりあげていく共催企業と、
コンテスト中に必要な様々な物品や、
かかる費用を提供していただく協賛企業を、
実際に企業にアポを取り、訪問して交渉することにより
獲得することです。


普通に大学生活を送っていると、
なかなか企業に訪問する機会というのはないので、
とても貴重な経験になると思ったし、
企業にわかりやすく、そして協力したいと
思ってもらえるようにemfactoryの活動について
プレゼンしなくてはならないので、自分の思いや考えていることを
相手に伝える力をつけられるのではと思い私は渉外局に入りました。

まだまだ新入りですが、渉外局は今が忙しい時期なので、
頑張っていきたいと思います。


さて、emfactoryでは、8月30日〜9月4日に5泊6日で
行われます、環境ビジネスコンテストのエントリーを開始しました。


私は、環境ビジネスは、かつてのIT企業のように、
新たな市場を生み出す新生産業だと思っています。
今はまだ発展途中かもしれませんが、
将来莫大な市場が生まれ、環境ビジネスにより
企業は大きな利益を生み出すだけではなく、
より良い社会のために貢献していくのではないかと思います。


ぜひ、今回の環境ビジネスコンテストに参加して、
ビジネスプランを自分たちの手でつくりあげることにより、
環境ビジネスの可能性を広げていきましょう!
プランが実現すれば、社会貢献にも繋がります!

たくさんのエントリーお待ちしております。

エントリーは7月24日までですので、お早めに!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コンテストから得られる物

2011/07/13 01:25
こんばんは!!

総務局の中田です!!^^


今回は、「全国学生環境ビジネスコンテストem factory2011」がエントリー期間中ということで、

このイベントに参加することで「得られる物」ついて書かせていただきたいと思います。




1点目は、『「実際」の環境ビジネスを生で考える機会が得られる』という点です。

これは、弊団体のコンテストが他の団体のコンテストと大きく異なる点なのですが、

参加者の方々は、コンテスト中に実際の企業の担当者様やコンサルタント様から、
実際のビジネスを行っている人の立場としてのアドバイスを頂ける時間があります。

これによって、より実経済にマッチしたプランを策定でき、
もし仮に作ったプランが企業で採用されれば、社会に対し大きな貢献ができます!!




2点目は、「5泊6日間、1つのものに一生懸命取り組む機会」が得られる点です。
弊団体のコンテストは、5泊6日間、新宿のオリンピックセンターに缶詰をし、
プランニングを行います。
本当に文字通り、朝から夜遅くまでプランニングを行うので(笑)、
ここまで短期間で頑張る機会は中々得ることは出来ないのではないかと考えています!!



3点目は、志の高い仲間ができるという点です。

弊団体のコンテストには、北は北海道、南は九州までの、環境やビジネスに対して志の高い方々が参加をします。
そのような全くこれまで繋がりの無かった人たちと、初めて会ってグループを作り、
議論をし、意見を組み合わせながら、1つのプランを作ります。
本当に一生懸命やるからこそ、そこでできた仲間はかけがえのないものではないかと思います。

*ちなみに、「コンテストから数年経っても、よく集まって飲みに行く!!」なんて話がチラホラ聞こえます。(笑)


この3点の他にも、フレームワークやプレゼンスキルなど得られる物は様々あります!!


勿論、受身では得るものは少ないかもしれませんが、
是非一歩を踏み出して参加してみませんか??
実りのあるコンテストになるようスタッフ一同も努力して参りますし、絶対後悔はさせません!!


画像


画像


画像



沢山の方々のご応募お待ちしております!!






−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【企画】全国学生環境ビジネスコンテストem factory2011

【日時】2011年8月30日〜9月4日

【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター

【内容】グループ形式による環境配慮型のビジネスプランの策定

【募集】全国の大学生48名(1チーム6名×8チーム)

【選抜方法】選考課題

【チーム】・加藤商事チーム
     ・清水建設チーム
     ・日清製粉グループ本社チーム
     ・明治製菓チーム
     ・ヴァル研究所チーム
     
     *残り3チームについては、只今調整中です。

【応募方法】
http://em-factory.com/entry.html
の応募フォームよりエントリーをお願い致します。

【昨年度選抜結果】
 応募者数 58名  倍率1.2倍
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


企画局の活動+エントリーについて

2011/07/09 18:43
こんにちは!!

企画局の菅原です!!


企画局では主に、説明会や8月に行われるビジネスコンテストの内容や
コンテンツなどを考えています。


また、最近は昨年より、一人でも多くの学生にエントリーしてもらい、
競走率の底上げと、ビジネスコンテストの質を高めるために、地方の大学や
授業内における広報にも取り組んでいます。


em factoryのスタッフはビジネスコンテスト中はサポート役になるので、自分は
少しでも参加者の力になれるようにコンテスト中に少しでも役立ちそうな本を読んでいます。


話は変わりますが、現在、エントリー者の募集中です!!


締め切りは、7月24日(日)になっています!!


今回のエントリーシートの課題は取り組みやすいものにemメンバーが頑張って考え抜きました。


エントリーシートはアイデアの斬新性や論理性、限られた文字制限のなかで、うまく説明が
できているか、などを見ます。


取り組みやすいとはいえ、ほとんどの学生がテスト期間と締め切りがかぶっていると思いますので、
早めにエントリーシートの提出をおすすめします(^^)/


今年の夏はバイトや遊びだけの人、または、何も予定が決まってない人は、ぜひ参加してください
!!
環境やビジネスに興味がある人もぜひ、参加してください!!


参加することで、価値観変わり、視野が広がり、遊びやバイトだけの大学生活を送っている人と
差をつけることができます\(^o^)/


たくさんの参加待っています!!
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


総務局の活動報告+α

2011/07/07 23:54
こんにちは!
総務局の岡部です。

総務局では、コンテスト当日に使う物品を用意しています。(筆記用具などなど……)

基本、企業様から協賛という形で提供してもらっています。

なので現在、渉外メインで活動しています。

また、ES締め切り後のスケジュールについて、日程を詰めています!

テストも近くなってきたので、両立がんばりたいと思ってます。


先日の説明会で、ビジネスプランの策定するために必要な知識を持っていないが大丈夫だろうかという質問がありました。

学生でビジネスプランを作成したことある人はごく一部はずです。

誰しも、ビジネスプランを策定するにあたって必要な知識不足があるはず……。

でも心配は無用です!!!

エントリーが決まり次第、事前課題や事前セミナーなどを企画しています。

また、コンテスト期間中スタッフを始め、コンサルタントや企業の方々がサポートしてくれます。

何事も挑戦だと思っています!!!

参加しようか迷ってる方は是非エントリーを!!!



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


em factory 説明会レポート☆

2011/07/05 00:34
こんばんは!
em factory渉外局の山口です。


本日は、6月26日に行われたem factory2011第二回説明会について、お知らせします


場所は、国立オリンピック記念青少年総合センター


説明会の内容としては、こんな感じでした!

1.em factory代表・平井より挨拶、ビジネスコンテスト概要の説明
2.講演:「激動時代の幕開け これからの学生ができること」
  〜社会人からみた、営業力・プレゼンスキルの必要性〜
      講師:株式会社 ヒューマンセントリックス  佐久間 大 様

3.em factory2009代表・河瀬さんより、
 「em factory2011に参加することで、何を得ることができるか」

4.昨年度の参加者の声
5.説明会参加者×em factoryメンバー交流会


写真を撮るのをうっかり忘れしまって、説明会の様子をお伝えできないのが残念です
わたしとしては、講演やお話はもちろんですが、説明会参加者の方と、交流会でたくさんお話しできたのがうれしかったです


参加者のなかには、「絶対参加したい!」と言ってくださる方もいて…ほんとにうれしいです!
そう言ってくださる方の為にも、メンバー一同、もっともっと頑張らなきゃなーと思った一日でした



そんなこんなでこの、全国学生環境ビジネスコンテンストem factory2011
参加者エントリーが始まっております!!!


エントリーはこちらから
http://em-factory.com/index.html



興味をお持ちのかたは、ぜひぜひご応募くださいね
一緒に、アツい夏を過ごしましょう!!


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


参加者エントリー開始!!

2011/07/03 23:46
こんにちは!
広報局の橋本です。



全国学生環境ビジネスコンテストemfactory2011
参加者エントリーを開始しました
どんどん応募してください!!!



エントリー期間は7月24日(日)までとなっています。



環境ビジネスコンテストに参加しよう!って考えているひとは
早めにemfactoryのホームぺ−ジから確認してくださいね。


http://www.em-factory.com/



じつは今回のエントリーには選考課題があります。

早めにやるに越したことはありません

ぜひ頑張ってください!





では、エントリーに関するお知らせはこれくらいにして
いま自分が所属してます広報局としてお知らせしたいことを書いていきます。



まず、


先週から早稲田大学をはじめとするいろんな大学に
この環境ビジネスコンテストのポスターをどんどん貼ってます




画像





こんな感じの青いポスターなんで
見かけたら友達なんかにも教えちゃってください



また
7月21日号の早稲田ウィークリーにもem factory の記事が載る予定です
ぜひ手にとって見てみてください!!


よろしくお願いします!!!


これからもどんどん広報を強めていく予定です。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2011年7月のブログ記事  >> 

トップへ

環境ビジネスコンテスト em factory 2011年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる